事務職のためのExcelVBA入門講座 > ExcelVBATips > マクロ以外での効率化!

ExcelVBATips

マクロ以外での効率化!

VBAやマクロを勉強している人はもっと仕事を効率化しよう!という方が多いと思います。
マクロを覚えるのもいいのですが、それ以外にも効率化できる部分はあります。

たとえば、ツールバー。
ワークシートの挿入やセルの結合など、意外とよく使うボタンが入っていません。
Excelでは自分のよく使う機能のボタンを追加したりできるので、
いろいろカスタマイズすると使いやすくなります。

1.ツールバーによく使う機能のボタンを追加する


ツールバーの空いているところで右クリックをし、「ユーザー設定」から
ボタンを追加することができます。

ユーザー設定のコマンドタブから、追加したいボタンをドラッグするだけです。
ツールバーのカスタマイズ01

私は以下のような機能を追加しています。
・改ページプレビュー

・ワークシートの挿入
・セルの結合
・セルの結合の解除
・横方向に結合
・オートフィルタ
・電卓

・取り消し線

図形描画では
・グループ化
・グループ解除
・最全面に移動
・最背面に移動

など。
かなりカスタマイズしているので、たまに初期設定のExcelをみると
ボタンの数が少なすぎて「あれっ!?」となります。
ツールバーのカスタマイズ02

2.よく使うファイルのショートカットを追加する


また、ボタンだけではなくメニューも追加できます。
追加方法はボタンと同じ。

メニュー(押すとコマンドが出てくる)を追加したいときは新しいメニュー、
コマンドを追加したいときはマクロの「ユーザー設定メニュー項目」をドラッグします。
ツールバーのカスタマイズ03

追加してみるとこんな感じ。
ツールバーのカスタマイズ04

まだコマンドの動作を設定していないので、押しても何にもなりません。

ユーザー設定が開いている状態でコマンドを右クリックすると、
メニューが表示されます。
ツールバーのカスタマイズ05

ハイパーリンクの設定があり、ここでファイルへのハイパーリンクの設定をしておくと、
ボタンを押すと同時にそのファイルが開きます。

毎日使うファイルは、ショートカットとして登録しています。
使用頻度の高いファイルにすぐアクセスできて便利です。

2007からはインターフェースがガラっと変わってしまっていますが・・・・・・。
私が今働いているところはまだまだExcel2002/2003が現役です。

<<ランダムな順で並べ替える | 事務職のためのExcelVBA入門講座トップへ | すべてのシートに対して同じ印刷設定をする>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
[必須入力]
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。