事務職のためのExcelVBA入門講座 > ExcelVBAサンプルマクロ > 重複しないファイル名をつける

ExcelVBAサンプルマクロ

重複しないファイル名をつける

重複しないファイル名をつけて保存するマクロのサンプルコードです。

サンプルコード



Sub 重複しないファイル名をつける()

Dim strFilePath As String
Dim strFileName As String

strFilePath = ThisWorkbook.Path & "¥"
strFileName = "Book1"

Do Until Dir(strFilePath & strFileName & ".xls") = ""
  strFileName = strFileName & "_"
Loop

ThisWorkbook.SaveAs strFilePath & strFileName & ".xls"

End Sub


サンプルコード解説


Dir関数は引数で指定したファイルがあればファイル名、なければ""を返します。

あらかじめ、変数strFileNameに保存するファイル名(サンプルではBook1)を
セットしておき、Dir関数で判定。

もし同じ名前のファイルがあれば、「_」をつけるという処理を、
一致するファイル名がなくなるまで繰り返します。

最後に拡張子をつけて保存すれば完成。

サンプルコードではThisWorkbookとしていますが、
記述を変えればもちろん、他のブックでも保存可能です。


<<USBのパスを取得する | 事務職のためのExcelVBA入門講座トップへ | 保存確認メッセージを自作する>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
[必須入力]
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。