事務職のためのExcelVBA入門講座 > ExcelVBATips > 変数の宣言を強制する

ExcelVBATips

変数の宣言を強制する

Visual Basic Editorの設定で「変数の宣言を強制する」という
オプションにチェックを入れたと思います。

これにチェックを入れると、チェックを入れてから作成したモジュールには、
冒頭に「Option Explicit」というステートメントが
自動的に記述されるようになります。

Option Explicitステートメントを記述すると、
宣言していない変数を使おうとしたときにエラーが表示されるようになります。
変数11


一見不便に見えますが、変数名のつづり間違いのチェックに非常に役に立ちます。


自分では同じように打ったつもりでも、変数名が微妙に間違ってた、というのはよくある話。

Option Explicitステートメントがないと、それぞれ別の変数として扱われてしまいます。
すると、処理は当然、思ったとおりにいきません。

Option Explicitステートメントを記述しておくと、
そういったミスを未然に防げますので、設定しておくことをお勧めします。


<<同じオブジェクトに対する操作をまとめる | 事務職のためのExcelVBA入門講座トップへ | ステップインで1行ずつ実行する>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
[必須入力]
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。