事務職のためのExcelVBA入門講座 > ExcelVBATips > 変数の値を確認しながらデバッグする

ExcelVBATips

変数の値を確認しながらデバッグする

マクロが上手く動かない場合、変数の値が意図したものになっていないのが
原因で起こることが多いです。

そこで、マクロを作る時には変数の値を確認しながらマクロを実行し、
動作確認するということが重要になってきます。

一番簡単な方法は、ステップインで実行し、変数にカーソルを当てることです。
すると、現在の変数の値が表示されます。


「test = 1」実行前は変数testの値は「0」
デバッグ03


「test = 1」実行前は変数testの値は「1」
デバッグ04


また、ローカルウィンドウを表示させておくと、
ローカルウィンドウに変数の値とデータ型が表示されます。
デバッグ05

<<ステップインで1行ずつ実行する | 事務職のためのExcelVBA入門講座トップへ | ブックやシートを指定しなかった時の動作>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
[必須入力]
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。