事務職のためのExcelVBA入門講座 > コラム > ExcelVBAの活用例

コラム

ExcelVBAの活用例

実際に私が仕事で作ったマクロの一例です。
複数のファイルから値を集計して出力する・・・・・・といった場合が多いです。


・作業工数集計マクロ
作業工数を入力するシートからCSV出力するマクロと、
CSVから工数を項目ごとに集計するマクロ。

1ヶ月ごとにまとめて月次報告書としてお客様に提出します。

手作業でやっていたのでは1週間はかかるだろう、という作業でしたが、
すべてマクロ化することで10分程度でできるようになりました。

人数が多い大企業ほど、マクロ化のしがいがあります。


・値集計&グラフ作成
複数のファイルからVBAで値を集計、記入するマクロ。

いくつものファイルから値を集計する時は手作業よりもVBAの方が向いています。


・会議資料収集&印刷マクロ
十数個あるフォルダからファイルを会議資料のフォルダにコピーして印刷するマクロ。
手作業でやっても大してかからないですが、毎週やる作業がボタン1つでできるので忙しい時には便利です。

手作業だと資料が増えてくると印刷し忘れる資料も出てくるので、それを防ぐ目的もあります。


VBAはExcelだけではなく、OutlookやWord、Accessでも扱えるので、VBAを勉強しておくと他にも応用がききます。


Accessで過去に来た問い合わせを検索するデータベースを作ったり、
Outlookで添付ファイル名でフォルダ振り分けするマクロを作ったりもしました。

<<マクロのメリット | 事務職のためのExcelVBA入門講座トップへ | 理系でないと覚えるのは無理?>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
[必須入力]
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。